”「人のため」ということ✨”

こんにちは!

8月に入りめっきり秋の気配を感じるのは私だけでしょうか。何にしても季節は巡りまた時は経っていきますね。一瞬一瞬を大切に生きたいものです。

さて、皆さんは誰かに何かを言われてひどく傷ついたりそれが気になってたまらなかったりしますか。

今日は人に言われた事を気にするのか、どうストレスを回避するかという話なのです。

他人があなたに何か文句をいう理由、それがあなたのためだと称して言ったりしますよね。良くしてやろうと思って、とか。

本当なら素晴らしいのです。でもただ単に気にさわるから言っているのかも知れませんよね。実は人の行動が気になって言ってやりたいと思っている人って結構いますよね。

でもあなたのためだから、などと言ったりしますからややこしいですね。

さて人間関係です。皆さんはどうこなしていますか。人間関係を上手く円滑に進めていっているでしょうか。

私はと云うと実は人間関係、全く問題ありません。個人的な事で言えば離婚訴訟中はストレスもありました。

20年近くも共に生活した夫でしたのでやっぱりこんな事を言われたくない、こんな仕打ちはないだろうと思ったものでしたね。

さてこのストレス、どうやって乗り切ったか変えたかという話です。どう思いますか。どうやってストレスを少なくするのでしょうか。

ズバリ申し上げると人の言うことを気にするから気になるわけですよね。人の言うことが自分の人となりや価値を決めるという考え方がこの人間関係のストレスを生みます。

誰かにひどいことを言われても相手が間違っていると思っていればあまり気にならないはずなのですよね。

例えばバカと言われて本当にバカではないと思っていたら笑い飛ばすと思いますが、ちょっとでもバカかも知れないと思ったら結構気になったりしませんか。

女性なら痩せっぽっちと言われて失礼ね、と思う女性はいませんが、デブと言われたら傷つく方は多いのではないでしょうか。

それは自分は太っているかもしれない、と思っている女性が多いからだと思いますね。

そうです。自分の人となり、自分が何者であるかを自分ではっきりと理解していればいるほど誰かに何かを言われて傷つく確率は少なくなるのです。

すごく頭が良いと信じているのに誰かにバカと言われたらただ単におかしな事を言う人だ、と思うだけかもしれません。

それと同時に他人の言動に左右されないこともストレスを避ける方法です。

分かりやすい例を挙げればトランプ大統領です。いちいちトランプ大統領の言うことに腹をたてる人たちがいるじゃないですか。

それって当然のようになってますよね。誰かと会うと彼の悪口を言い合ったりしませんか。

でもそれって自分のためにはどうなんでしょうか。

ここで悪口を言っている人たちはトランプ大統領を尊敬していない人たちですよね。

言い方を変えれば尊敬もしていない人間に自分の気分を著しく左右されているという事になります。

違いますか。

自分の気分の良い悪いを他の人間にしかも自分が尊敬もしていない人間に握られているという事になります。

それってそれで良いのでしょうか。

尊敬していない人間だからこそそれって本当に意味がないと思いませんか。

それが愛している人だったりするとわかりますよね。愛している人にひどい事を言われたりされたりすると傷つきます。

それはその人が大切でその人の言うことを尊重したいと思うからですね。でも尊敬もしてない人に左右されるのには意味がないと思いますね。

 

そしてさらにはストレスはものの考え方にも十分に左右されます。

最近の患者さんでいらっしゃいました。こんな風に職場で足蹴にされる状況を自分で放っておくわけにはいけない。立ち上がらないと自分は足蹴にされ続けるだけだというのですね。

気持ちは分かります。でも足蹴にされる自分というのが真実になるとなんでも足蹴にされているイメージになるのですよね。

例えば人生は戦いである、と決めると人生は戦いなのです。

戦いにいるならば攻撃されたり後ろから足をすくわれたり、とにかくホッとしたりリラックスする時間はないのですよね。

それが戦いなのです。なら人生が戦いとなるといつも攻撃されたりいつやられるか分からないという気持ちで生きていることになるのです。

辛くないですか。

そんな事を言うとガードを緩めるとやられてしまう。そんな声が聞こえてきます。でも実際にやられる可能性ってどのくらいですか。

その可能性とやられるのが今か今かと思うような生き方が釣り合いが取れたものでしょうか。

そう身構えなくてもやられない、とも言えるような気がします。

するとリラックスした人生が送れるのではないでしょうか。

それから自己満足もそうです。自分に満足したら向上はないと思っている人は本当に多いです。

でもそれは言い方を変えれば自分はダメだから頑張るって事ですよね。自分の事をダメだって決めてる事になります。

個人的に私は自分にとても満足しています。でも自分に満足していなかった時の何倍も頑張っていると思います。

端的に言えば素晴らしい機械を持っていてこれならきっと仕事はとっても簡単に片付くと思ってやるとそうなります。

自分自身が素晴らしいと思って仕事をするともちろん能率が上がるわけです。間違いないですね。

でも長い間、自分はダメだから向上しようという癖がついていると自分に満足したら向上はない、と思い始めるのですよね。

分かります。でもそれは間違いと言わざるをえません。

そうです。頑張る、その燃料が負のエネルギー、すなわち自分はダメだ、というのはやっぱりネガティブだと言わざるをえないのです。

もし本当に人のためにこの世のために生きたいと願うのなら人に文句や忠告をすることではなく何か他にあるはずです。

良い事を言って盛り上げる。優しい心でたくさんの人たちに接する。笑顔を振りまいて良いエネルギーを作る。人のためにこの世のために出来ることは他にたくさんあるのです。

私は個人的に幸せな人を増やすことは自分の使命でありそしてこの世をもっと良いところに変えることだと思っています。

どうですか。人間、考え方一つです。是非考え方を変えて楽でそして明るく、そして成功する人生を送りませんか。

催眠療法なら可能です。

素晴らしい1日を!!