誰でも使える潜在意識

こんにちは!

私はもともと訓練を受けたカウンセラーです。ミシガン大学の社会福祉科の修士号を持っています。従来のカウンセリングをするカウンセラーとしての成功を夢見ていたのでした。それが従来のカウンセリングに限界を感じ業界から遠ざかっていました。

自分が完全に信じていないことを商品として売る、そしてセラピーの場合はその自分の信じていないセラピーを患者さんに施ししかもその効果の少なさに毎回がっかりするというのは私には辛いことでした。

もちろんセラピーは人を助けるものですからその前向きなところにフォーカスするべきだったのですがその時はまだ催眠療法にも出会っていなかったし色々な事が前向きにできないでいました。

なので業界から遠ざかり仕事を8年ほどしていなかったのですが亡くなった妹の子供たちをティーンエイジャーで養子にしてそのアメリカのビザが出なかったことからシンガポールに一家で引っ越すこととなり。

高所恐怖症だった私が小さな国の高層ビルの28階に住むこととなった事から催眠療法に出会います。だからこれは運命と思っていると著作本、成功の法則ー幸せになるには(文芸社)にも書きました。

あれからニューヨークに帰り8年間無職から新聞に出たり去年は前述の著作本を出版することになった経緯もまたユニークな状況でこの辺は著作本を読んでいただければそのユニークさをお分かり頂けると思います。

さて催眠療法の事を全く知らないで催眠療法の凄さに驚き公認催眠療法士となりセッションを通して多くの学びがありましたので今日は催眠療法についてよく聞かれる質問などにここでお答えしたいと思います。

というのも催眠療法は本当に誤解されている、恐れられている部分もありそれが一般に浸透しないことに私自身もったいなさを感じるからです。

催眠状態というのは実は瞑想状態以上の感覚は感じさせません。催眠状態とは世間で言われているようなドラマティックな感覚はないのです。催眠療法は普通にたくさんの方に利益を感じてもらえることでありもっと一般に浸透すべきものだとだから思います。

効果は私が経験した他のどのセラピーよりも劇的に早く起こります。1セッション目から効果を感じ1セッションで人生を変える人たちもいるのが現実です。

そして安全です。それはもちろん催眠が実は本人の意思に反して何かをできることではないからですね。だから心を決めて来て頂いてこそ効くセラピーなのです。

さて、よく聞かれる質問に催眠術が効かない人っているんですか?というのがあります。答えはイェスとノーですね。なんだかはっきりしない答えですが何故かは説明していきます。

そもそも催眠療法というのは通常の脳の状態を持つ方々に効く、という風になっています。人間の脳みそとは多少賢いとかそうでないとかあっても総体的には同じ作りに同じ機能ということになっていますから、その場合に同じ調子で催眠にかけると同じように効くといわざるをえません。

効かないには特別な理由があるとしか思えません。マッサージすれば筋肉がほぐれると同じように同じ体のつくりにはマッサージも催眠も同じように効くというのは正論だと思いますね。どう思いますか?

しかも前にも言ったように催眠状態というのは全く劇的ではなく瞑想状態以上の感覚はありません。しかしながら脳の状態は飛躍的に良くなっています。それは潜在意識を使っているからです。

催眠状態では普段は5%程度しか使っていない脳を95%まで使えるようになるばかりでなく脳の活動スピードは実は100万倍になります。

だから催眠療法には効果があるのですね。潜在意識を使っている時は催眠状態の時なのです。そして実は人間の脳というのは潜在意識を1日に何度も使っているそうなのです。それが普通だそうですね。

だからとても良い考えが浮かんだりものごとに画期的な進展が生まれたりする時には多分潜在意識を使っているのかも知れません。

ということは私たちの脳は潜在意識の使い方を知っているという事です。だから催眠に導入するのもただ心と身体をリラックスさせるだけで特別な道具を使いません。

あなたが本来持っている能力を持ってますよ、と知らせそれを使えるように導くのが私の仕事の一部です。それからヒーリングを起こしていく際にもあなたが主役で私はガイド的な役目なのです。

あなたはあなたが思っている以上に驚くべきレベルで自分の事を分かっています。そしてそれはいつだって素晴らしい内容なのです。

水曜日に続きます。

素晴らしい1日を!!