人間関係で辛い事 2

こんにちは!

さて金曜のコラムでこの世の中を大好きになったり自分の事も大好きになる事をお勧めしました。もちろんです。好きなものが多いほど何でも楽しいのです。

ましてやどうしても逃げられない相手、この世や自分などは絶対に好きになった方が色々な事が楽しいだけでなくたいがいの事は簡単にも感じられるようになるでしょう。

さてどうやって患者さんの考え方を変えるか。実はこれがセラピストの仕事です。患者さんのものの見方を変えるですね。

どうやってするか。私の場合、それは今の科学の中で分かっている中で一番パワフルな脳の状態、潜在意識を使います。潜在意識を使うにはどうするか。それは催眠という手段を使います。

ただ単に身体と心がリラックスすれば誰でも潜在意識を使い始めることができます。それは私たちの脳の本能なのです。そして日常的に私たちの脳は潜在意識を使っているのですよ。

でも私たちがそれが潜在意識だと気がついていないだけです。なぜって、とってもかすかなものだからです。テレビや映画のようなドラマティックな催眠はあれはフィクションです。

本当の潜在意識は自分が使っているかいないか分からないようなものなのです。

でも潜在意識ですから効果は絶大です。それが催眠療法と呼ばれているものです。怖がる必要などないのですよ。たいそうなものではなく誰でもできることです。

とってもかすかな状態であるので自分が潜在意識を使っているか、すなわち催眠にかかっているかわからないほどです。

しかしながら患者さんの脳は患者さんの能力の中で最大に発揮されています。意識では5%程度しか使っていない脳を潜在意識では95%まで使えるようになりますし、潜在意識では脳の活動速度は100万倍になりますから。

誰でも使える潜在意識で潜在意識を使っているとも気がつかないほどのかすかな感覚なのに効果は絶大なのです。なぜならそれは今の科学で分かっている中で最大限の能力を使ってやるセラピーだからですね。

ただ問題を解決したいとなるとプロの助けに従ってやるべきです。それもきちんとした心理学の基礎があるセラピストをお勧めします。

前述のように人が他人とのコミュニケーションの中で一番気にするというか恐れるのが拒絶だと思います。誰しもひどいことを言われたくないですね。もっと端的に言えば嫌われるということを人は好まないということです。

この心理は相手が誰であってもあると思います。それでもあまり知らない相手だったりまたは自分にとって影響力の強い相手だったり、もしくはパワフルな方でその人のことが絶対に自分よりも正しいと思う気持ちがあると人は普通よりも緊張するはずです。

なぜって言わずと知れた、自分が何ものであるか向こうに決定権を委ねてしまいやすいからですね。相手が小さい子供だったり影響力の小さい相手だと拒絶のように言われたとしてもそれが言いがかりであると片付けることも可能です。

しかしながら前述のようにその相手が絶対に正しいとか、その相手の方に自分よりも絶対的なパワーがあると思った時に人間は誰しも誤解されたり拒絶されたりすることを恐れるはずです。

ましてや自分が愛している相手には心底受け入れられたいと思うばかりに受け入れられないとそれは打撃となります。

それはひとえに相手にあなたという人間をどんな人間か決めさせていることにあります。彼/彼女が愛してくれないのは自分は愛すべき人間ではないとなるわけですね。相手に決めさせているからですね。

ではどうすればそれを防げるでしょう。それはただ一つ、自分で自分が何ものであるかどんな人間であるか決定するということを自分で決めているかどうかです。まずベースには自分に対する良いイメージ、できれば自分ってすごい、くらいの気持ちがあると良いですね。

そうすると他の誰に難癖をつけられても、何を決められても結局はその人の判断が間違っていて自分の判断が正しいと思えるはずです。もっと言えば自分で自分が何ものであるか強く決めれば他人の言うことなどは関係ない、ということになります。

この自分を何ものか決定付ける気持ちが強ければ強いほど誰と接しても本来の自分を出せるし、いつもと同じ調子で誰にでも接することができると思います。理論的に筋が通っていますよね。

自分が何ものであるか絶対的に自分で決定する。決定するのは自分は素晴らしい人間であるとなります。もちろん欠点があったとしてもそれも受け入れています。という事は誰に何を言われても自分自身に対して本当に快適に感じることになります。そしてこれを実は自信と呼ぶのですよね。

好きな人の前で緊張したり偉い人の前で自分を出せなかったり。それらは相手にパワーを渡しているからとなりますね。自分をよく知りましょう。そして揺るぎないポジティブな自己イメージがあれば誰と一緒にいても快適です。

参考になりましたでしょうか。それでは皆さまに平穏を。

素晴らしい1日を!!