チャクラの落とし込みとパワーストーン

こんにちは!

さて、前回にチャクラの話をしました。2005年に妹が亡くなった時に食べたものを全く消化できない状況になりストレスと片付けていたのです。

催眠療法に出会って人生を変える前は今よりも体重は多分20キロほど多かっただろうし、食べ過ぎは万年化していたので消化が悪くなるなんて事はそんなに特別なことではなかったのですよね。

 

 

それでも妹が亡くなった時の消化は特筆すべきことでしたが、妹の死が原因だったことは確かでしたのでそんな事もあるだろうと思っていました。

それからも消化が悪くいつも疲れていたとかありましたが実は妊娠するためにホルモン治療を繰り返していた事もありその状態が普通になっていたのであまり気に留めなかったというのが正解ですね。

あの頃は私の人生の中でも最も暗黒の時代の一つだと断言できます。自分の身体に気を配るとか気分を良くしようとかいうよりも何とか毎日暮らして行く事だけが課題でした。

サバイバルですね。バランスをとるために食べ過ぎるならそれもしょうがないという感じでしたね。

 

 

双子を出産するとほぼ同時に妹の子供たちを養子に迎えていました。大きなお腹を抱えて日本に養子の面接に行ったのを今でも覚えていますから。

それから結局養子の子たちにアメリカのビザが下りずにシンガポールに一家で引っ越しました。そこで元夫との別居が起こります。

その前後に催眠療法に行ったのは高所恐怖症だったのに小さな国だったために28階に住むことになったからでした。

その効果に感心し、自分もコースをとって公認催眠療法士となりました。

 

 

2013年の暮れにやっとの思いで養子の子たちのビザを取得してニューヨークに帰ってきたのでした。その時にはシングルマザーで4人の子持ち、8年ぶりに無職から催眠療法の仕事をし始めた感じでした。

催眠療法に出会い、食べ過ぎが減ってきたことで体重は減り始めていました。そして催眠療法のおかげで本当に私は見違えるように気分が良くなっていたのでした。

その調子でニューヨークの日系の新聞のインタビューを受けて新聞掲載されたのを皮切りにこの5年間で多分50回ほど新聞に掲載されていると思います。

ニューヨークのラジオ局への生出演は10回。30分とか1時間の生出演でした。そして去年、日本で成功の法則ー幸せになるには(文芸社)という本を出版。

この本の英語版はアメリカで出版される予定です。お楽しみに!

 

 

さて、気分が良くなってきてはいた私。そして別居から離婚訴訟に進んだ頃またこの消化の事が気になってきました。

多分気分が良くなっていただけに消化の悪さが目立つようになっていたのかもしれません。

 

 

私は実はクアンタムタッチとかレイキのコースの修了証も持っておりチャクラの事などはクラスの際には勉強したものでした。

それなのにどうしてだかここに来て初めてこのチャクラと消化の悪さを結びつけて考えたのです。

 

 

自己催眠ができますのでその要領で第一チャクラから色のイメージを使って潜在意識でバランスを確認して落とし込む感じですよね。

お日様の下でやったら本当に気分が良くなりました。第3チャクラは胃のところにありますからね。患者さんにも多数いらっしゃいますが緊張や不安や恐怖はこの胃のあたりの緊張や硬さを生みます。

私は患者さんのエネルギーや感情を拾うことが多いのでこの硬さ、本当に硬い人は息苦しいくらいだったりします。

そしてこのチャクラは自信や自分らしさ。不安や自分を疑ったり、そんな事があるとてきめんに現れると思いますね。

 

 

そして私の場合、それに伴う額の頭痛。これは第6チャクラです。これは例の第3の目(サードアイ)ですね。

これについて調べるとこのサードアイというのは人間を始めとする生物が持つ松果体というものに関係があるそうです。

右脳と左脳をつないでいる辺りなので額の真ん中あたりに位置するこの松果体というのは普通は見えないものが見えたり第六感に関係があるものなのだそうです。

子供の頃は活発だそうですが思春期になって第二次性徴を迎えると働きがなくなるのだそうです。不思議ですね。

 

 

私も賛成しているのですが性のエネルギーというのは本当にパワフルで、性のエネルギーがそのまま生命力だと主張する人たちもいます。

しかしながらとてもパワフルなものだけに取り扱いを間違えると大変なことになるので人間がタブーということにしたのだと思います。

例えば火もそうです。なくてはならないし、とてもパワフルです。だから取り扱いに本当に気をつけていますね。

だから性に対する戒めは宗教にも盛り込まれています。それだけパワフルなものだからだと思います。

なんとなく納得できるのはこのパワフルな性のエネルギーを第二次性徴期に得ることによってパワフルな松果体の機能をなくすということですね。

 

 

このサードアイのチャクラは全体のキーとなるチャクラでこれが整っていないと全体も良くないとか。

このチャクラは藍色です。インディゴですね。そして全部のチャクラが整うと第7チャクラが開き、高次のエネルギーを使えるようになり決断力や勘が鋭くなります。そしてそれが人々を成功に導くと言われています。

私の場合は例のサイキック能力の開花があり患者さんの潜在意識の中にある過去や過去生が見られるようになったことで自分らしさに陰りが出ていました。

もちろんです。それが良い事であったとしても未知のものは誰にも不安感や疑いなどを与えるものですよね。これは何?私は大丈夫なのという感じですね。

 

 

第3チャクラは黄色、第6チャクラは藍色、そして第7チャクラは紫です。何となく頭頂にも違和感があったのですが、自然石(パワーストーン)も効くというので試してみました。本当に良い感じです。

今まで消化が悪いとミヤリさんのようなものを飲んでいたのですがチャクラに気をつけるようになりこの整腸剤を飲まなくてもしんどくありません。

最近はこの3つの色のネックレスをしています。写真を撮ってみました。

さてヨガはもう7年くらいやっていますがチャクラに特に気をつけていませんでした。本当に灯台下暗しですよね。

是非参考にしてみてくださいね。

素晴らしい一日を!