ジャピオン掲載記事 前編

こんにちは!

今日はこのコラムで私が以前に新聞の取材を受けて記事になったものを掲載しようと思います。最近患者さんに聞かれる質問などにも対応出来る内容です。

日本の新聞やその他のネットでの媒体などには本当にお世話になっており感謝にたえません。この場を借りて全ての媒体さまにお礼を申し上げます!

さて、今回はニューヨークの日系の新聞であるジャピオンさんに掲載された記事です。掲載は2015年の12月25日号です。

3年が過ぎようとしていますが書いてあることは全く古くなっていません。もちろん私の考え方などは日々進化しているのですがやはり大切なこと、基本になる事はいつまでも変わらないのですね。

そして自分のやりたい事、情熱のある事を信じてどれだけ変わらず長くやっていけるかが成功の秘訣だと思います。

有名やバンドでも歌手でもやっぱりその人なりのスタイルや信じる事があり変わらないスタイルで続けていたりしますね。

そんな事を思いました。ぜひお読みくださいませ!ジャピオンさんの電子版で記事を見たい方はこちらから。

この記事についている写真もビフォアーとアフターで本当にすごい違いですね!見てください!

それでは記事の前編の全文です。

 

成功と幸せをつかむ催眠療法(前編)

潜在能力を最大限活用 より楽しく幸せな人生

Q.催眠療法で人生を変えるとは、どういうことですか?

A. 特に大きな問題や心配事、病気を抱えているわけでもないのに、「なぜか楽しくない」「なんとなくさえない」「人生に行き詰まった」などと感じた経験は、誰にでもあると思います。現在の仕事や人間関係には満足しているが、もっと成功したい、より幸せになりたいなど、さらに上を目指して努力している人もいるでしょう。

催眠療法は、こういう人たちが持つ「負のエネルギー」をリリースする、つまり解消することにより、正体不明の不安や焦り、不完全燃焼感を取り除き、より良い人生や成功、幸せな生活の実現を支援します。

催眠療法とは、催眠下で心の奥深くの潜在意識(サブコンシャス)に働き掛けることにより、心理的問題の原因を過去にさかのぼって見つけ出し、根本的解消を目指す心理療法の一つです。うつ、パニック障害、過食、不眠症、薬物中毒など、さまざまな問題の解消や症状改善に効果のあることが知られます。私のクリニックでは、最近、そういった問題解決に取り組む人の他に、より幸せになろうと催眠療法を受ける人が増えています。

負のエネルギーとは、怒り、悲しみ、つらさ、寂しさといった、ネガティブな感情です。これらの感情をリリースすれば、その処理のために使っていたエネルギーを、より生産的な目的に使えるようになります。今まで諦めていたことができるようになり、これまでできていたことは、より簡単に、また上手にできるようになるでしょう。

負のエネルギーは心身にとって毒なので、それを取り除けば気分が上向き、体にも良い変化が現れます。憑(つ)き物が落ちたように表情が明るくなり、心身ともに若返ったと喜ぶ人もいます。

Q. 負のエネルギーは、なぜ生まれますか?

A. ほとんどの場合、原因は子供のころの「ごくささいな経験」にあります。例えば、両親の口論を聞いて悲しい思いをし、それが癒やされることなく成長した子供は、似たような状況に出くわすたびに、「怒りのスイッチ」が入ることがあります。年齢とともにスイッチが入りやすくなり、怒りは激しくなります。

また、負のエネルギーがあると、それが表面化するのを避けようと自己防衛本能が働きます。職場で頻繁に怒っていては、仕事や人間関係に支障が生じるので、好きなことをして気を紛らわせようとするのです。それは仕事に集中することかもしれないし、飲食、ギャンブル、セックスかもしれません。

しかし、負のエネルギーが大きくなるにつれ、次第に歯止めがきかなくなります。そして、仕事中毒、過食、アルコール依存、セックス中毒などの問題に発展することは、よくあります。

こういった問題を解決するには、問題の根本的原因、つまり負のエネルギーの原因を見つけ、解消する必要があります。

Q. 負のエネルギー解消に催眠療法が有効なのは、なぜですか?

A. 「妬(ねた)み」という負のエネルギーを抱える人がいたとします。妬みが生じた原因を聞いても、大抵は答えることができません。しかし、催眠をかけてから同じ質問をすると、ちゃんと答えが出てきます。というのも、人間の脳は、生まれてからのすべての出来事を記憶しているからです。

人間は、普段の生活、つまり意識下では、脳の5%を使っているに過ぎません。しかし、催眠をかけた状態、つまり潜在意識下では、残り95%の脳がフルに活用されるため、記憶の中から妬みの原因となった出来事を引き出すことができるのです。同じように、負のエネルギーを解消する方法も、実は本人はすでに分かっています。催眠療法では、それを意識下に引き上げる手伝いをします。潜在意識下では、理解力、判断力も飛躍的に向上します。

私自身も、催眠療法によって負のエネルギーを解消した一人です。満たされない思いを紛らわせようとして過食になり、体重が増え、自分に自信をなくしました。負のエネルギーを解消してからは、食べ物に逃げる必要がなくなり、外見がスリムになったのはもちろん、思考が前向きになりました。今は日々いろいろなことに挑戦し、楽しく暮らしています。

※後編は、負のエネルギー解消法などについて伺います。

さて、なかなか良い記事だったと思います!ジャピオンの社長さまはじめライターの方にも本当にお世話になりました。お礼を申し上げます!

この記事の後半は月曜日のコラムに続きます。

素晴らしい1日を!