Youtubeへのコメント

こんにちは!

実は今日本で出版した本、成功の法則ー幸せになるには(文芸社)の英語版をアメリカで出版するための編集作業に入っています。

たくさんの方にこの本に関わっていただき本当に感謝です。この場を借りて深くお礼を申し上げます!!

 

この本は私自身の人生において道を見失って50歳まで生きてそれから催眠療法との出会いにより幸せになり方を見つけ、一歩一歩進んだ自分自身の幸せになり方の本です。

8年ほど無職だったところから日本とアメリカの本の出版、そしてニューヨークでの生ラジオ出演も10回ほどした私。そんな風に人生を変えられると信じる本なのです。

ニューヨークとスカイプでのセッションの他にもウェッブサイトや本の編集と張り切って頑張っています。Youtubeにも時々動画をあげていますが、今日はその動画にコメントいただいたのがとても素晴らしいものだったのでここでシェアしたいと思います。

ちなみに私のYoutubeはこちらです。

 

 

M.K.様

初めまして。 突然ですが、、リーディングのYouTube動画コメントからここにたどり着きました。 私は名古屋で訪看をやってる看護師です。私はかねがね、催眠療法とかヒーリングとか心理療法を日本でももっともっと自由に取り入れた方がいいと思ってきました。カウンセリングなんかも 日本ではまだまだ精神をおかしくした人がやるみたいに敬遠されますが、もっともっと身近にあってみんなが普通にできていいものだと思ってます。インナーチャイルドから整えていくことで おさまる状態があると思っています。私は特に認知症の方など高齢の方と主に接していますが、みなさん十人十色で 過去の人生や性格が絡み合っています。だから薬だけや対症療法だけでは穏やかさは取り戻せないと思っています。お話を聞いたりその人その人に合った接し方をしても その方が背負ってきた何かを癒してあげなければその人らしさを取り戻せないと感じます。 話が長くなりましたが、実際に催眠療法などをされてる方とこういうことについてどう思われるか、日本の看護師の私がどうしたらいいかアドバイスなど頂けたら。。と思い書かせていただきました。 失礼なことだとは思いますがよろしくお願いします。

 

コメントへの私の返事

コメントを頂いていたのに気がつかず返事が遅くなって申し訳ありません。 実は今、日本で出版した私の著作本、成功の法則ー幸せになるには(文芸社)の英語版の本を編集している最中であまりネットをする時間がありませんでした。もし、ご興味があればこの本はネットの本屋さんで買えますので是非読んでみてくださいね。幸せな生き方の本です。あなた様がコメントをしてくれた事に通じている事ですね。

さて、本当に言う通りです。セラピーというのは誰にも必要です。心理学ではトラウマというのですが、それは命を脅かすとかそんなものだけではありません。人生の中の出来事で私たちの心にネガティブが衝撃を与えたものを全てトラウマと言いますが、一説には一人に300とか400とかあるそうです。恥ずかしかったり、怒ったり、悲しかったり、寂しかったり。。そんな感情を強く味わった経験ですからそのくらいの数があっても不思議ではないのですよね。

このトラウマは解消しない限りあなたの中にずっとインナーチャイルドとして生き続けています。もちろん大人になってからも恥ずかしかったり、怒ったり色々ありますが。その負の感情がそんな風に強く感じられる原因は実はもうすでにあなたの中にある同じような負の感情が日々の出来事によって引き金となりよみがえるからです。この辺は私のウェッブサイトやアメブロなどにも書いてありますので是非読んでくださいね。

エミッグ美津ウェッブサイト

 

さてあなたのいう通りに心と身体というのは密接に繋がっています。 もちろん私にはガンを治したという経験はありませんが、ガンや難病の 患者さんたちの痛みを和らげたり症状を緩和させたりは普通にできる事です。それというのも心と身体の密接な関係にあります。例えば痛みなどは始まるとそれから逃げられないという思いがさらに痛みを辛くしたりします。

実はもともと私は病気というのはどんなものでも心やストレスが原因になると信じています。そして難病を患っている方というのはとても辛い負の感情を背負っている方々が多いです。それは病気の症状だけでなくインナーチャイルドとして、です。そんな方々の痛みを和らげるのはインナーチャイルドワークであったり自己へのいたわりのセラピーだったりします。効果があります。本当に。だから病気というのは身体だけの事ではないとは確かです。

そしてあなたにも助言があります。私もこの仕事を始めた頃はもっとたくさんの人たちを助けたい一心でどうしてもっとたくさんの人たちが私のところに来てくれないんだろうとか、全ての人を助けたいとか、そんなことを思っていました。今も思っていますがいつだったか、それがストレスになっている事に気がついたのです。そして自分がストレスを持っていると自分のパフォーマンスが下がって私の元に来てくれている、助けを求めている方々に私のベストが提供できない事になります。だから私は助けてあげられる方々だけにフォーカスして、そしてさらに自分の能力を過小評価したり、もっともっと。。と思う気持ちもやめました。

私がフォーカスするのは自分は毎日自分なりのベストを尽くしていると認識する事です。そしてそれが自分にも私の患者さんにもそして私の家族にも一番良い事です。 自分のベストに満足して生きる。これが一番、誰にも幸せです。どんな仕事にも通じる事ですが特に私たちのような人に直接関わり助ける立場にある人たちにはとても重要です。

 

具体的には自分を思い描いて患者さんたちにするようにいたわる。手を背中に当ててさすったり、自分の負の感情を深呼吸とともに吐き出す、などのことを繰り返すととても精神的に良いです。実はこれは催眠の中で患者さんにやっていただいている事でもあります。森林やビーチやそんな状況を設定して催眠状態の時に行います。

催眠は普段の意識の中で5%程度しか使っていない私たちの脳を95%まで使えるようにします。それは潜在意識というのですが、その潜在意識下では脳の活動スピードは普段の100万倍になります。そんな状態なのでこの状況でするセラピーが普通の意識下でするものとは全く異なる事となるのです。

自分をいたわり毎日自分のベストを尽くす。もちろん良い日もあれば悪い日もあります。でもそれがベストなのです。自分のベストに満足して自分の人生を自分の時間には十分に楽しむ。これが最高のヒーラーや介護者になる方法だと思います。

難病の方を見ると本当に胸がつぶれそうになります。でも私はどうして?気の毒だ、かとかにはフォーカスしないようにしています。自分に何ができるか、そしてそれに満足する。それが誰にとってもベストです。 ここに書いたことをブログの方にも掲載します。皆さんに是非読んでいただきたいのです。パブリックなものなので問題ないとは思いますがご報告しておきます。

あなたはあなたのままで素晴らしく世の中の、そして患者さんたちのためになっていることを、その暖かさを胸に明るく接してあげてくださいね。エネルギーというのは波動ですからあなたの明るさが患者さんたちにも良い影響を与えるのです! コメントありがとうございました!! エミッグ美津

ちなみに興味のある方は私のウェッブサイトはこちら

インスタはこちら

ツイッターはこちら

そしてFacebookはこちら

 

コメントをいただきありがとうございました!プロでもそうでなくても介護する方やヒーラーの方々、本当に考えさせられることが多いと思います。

でも自然体で明るく自分の人生の一部として他の部分と同じように楽しんでできるように。そしてそれが実は最高のサービスを生むのです。

 

素晴らしい1日を!