出版は難しいか

こんにちは!

私は訓練を受けたセラピストであり、幸せな生き方の本を日本で出版しています!この本はただいま英語版の編集中。アメリカでの出版はもうすぐそこまで来ています!

この本は8年間も無職であり、亡くなった妹の子供たちをティーンエイジャーで養子にし実子の双子を出産、そして結婚16年目にして別居と離婚を経験した私が日本での出版を成し遂げるまでのストーリーです。

 

この本を書いた時にはまだニューヨークの数局での10回に渡る生のラジオ出演は経験していませんでしたし、また今回の英語版のアメリカでの出版もなかったのです。

この英語版の出版は実は患者さんたちとお話をしていると英語の本はないか、と聞かれる事が多かったので英語に訳してみよう、と思ったのがきっかけでした。

 

日本でも出版界にはなんのコネもなかったのですが書き始めてから二週間ほどで100ページほどを書いてしまい、自分でも気が付かなかった潜在能力ーこの場合は本が書けるというーをこの時に発見した次第です。

それからとても不思議な事にこの本の表紙が浮かんでくるようになって。その時にはショッキングピンクのものだったのですよね。

白いドレスを着た私が腕組みをして笑っている写真も本の表紙に見えてのですよね。不思議でしたが本当です。

それで自分の中では書き始めてなんのコネもない状態だったにも関わらずこの本は出版されると分かったわけです。

 

結果はご存知の方もいると思いますが書き始めてから3ヶ月ほどで文芸社という出版社さんとこの本の出版の契約を交わしたのです。

本の表紙の色は私の中ではミッドナイトブルーになっていました。そして出版された本はまさしくミドナイトブルーなのです。

 

おかげさまで本を出版したのですが本の出版の際に皆さんにすごいですね、難しかったでしょう、と言われる事しきりだったのですが、実は全然難しくなかったというのが本音でした。

それで考えたのです。どうして難しくなかったのか、と。だって難しいというのが世間の常識だったからです。

結論はもちろん、難しいと思う暇もなかったし、書き始めてすぐの時に本の表紙が見えたためにこの本は出版されると分かっていたからです。

というか自分でそう決めたというか。とにかく不思議ですが潜在意識の中ではこの本が出版されることに疑いはなかったようです。

難しいという世間の常識の中で難しいと思えばきっと難しかったと思います。でも難しいと思わなければ難しくないという事ですよね。

 

この話を聞くと変だと思うかもしれませんが引き寄せの法則では自分が信じたことは実現する、となっていますから、正しいと思います。

ただこんな話がたくさんあるわけではないのできっと不思議な感じがするのではないでしょうか。

だから皆さん、何かを成し遂げたい時はこんなの簡単よ、と決めてくださいね。そうすればきっと簡単です!

もし簡単と信じる前向きさが自分には足りないと思われるのなら催眠療法においでくださいませ。ニューヨークのオフィスか遠方の方はスカイプでお受けしております。

英語か日本語が理解できればセッションは可能です!

 

自分の本を英語に訳していた時。一通のメールをいただき、この本を英語で出版しませんか、という内容でした。

半信半疑でしたが渡りに船という感じでお話を進めていただいたのです。そして契約を経て今、本は編集中。

先日やっと原稿をチェックして出版社の方に返しました!なかなか時間が取れずやっとという感じでしたが素晴らしい出来です!

やはりプロの編集が入ると全然違うんですよね。日本語の時も本当にそう思いましたが今回もそうです。

最後の謝辞のところでは本当に感無量になります。この本が他の言語にも訳されてたくさんの方に読んでいただけるのを本当に心待ちにしています。

 

日常の中で常識と思っている考え方。それって本当ですか。

信じ込んでいる事って本当なのでしょうか。そんな常識のレビューや発想の転換、そして幸せになり方の本です。

日本語版はネットの本屋さんで買えます。成功の法則ー幸せになるには(文芸社)、エミッグ美津著です。

英語版の方はこれから出版となります。よろしくお願い申し上げます!

素晴らしい1日を!!