流れに身をまかせると

流れに身をまかせると

最近、ソーシャルメディアなどでも色々な考え方を目にします。トレンドがあったり反発精神があったり色々ですね。

例えば、惨めでもいいとか、前向きに生きなくてもいいとか、最近はあまり見なくなりましたが何かに反対するポスト。トランプ大統領のポストが少なくなってきたのにはホッとしました。
私は実は色々な人生経験や自分の仕事による経験などを経てコントロールをしようとか、どうしてもこうなってほしい、とかこれでないと嫌だとか、そんな考えを持てば持つほど人生難しくなるということを悟りました。

こうしよう、と決めたというよりそれが一番生きやすいという事を自然に知ったと言えるでしょう。なんとなく流れに身をまかせる感じですね。

例えば、どうしようもなく嫌な事が起こった。それは大事でありどうして受けいられない、とします。パニックを起こすなりまあ怒るなり色々な反応がありましょう。

でもやっぱりそれが起こったという事実は変わりません。泣けど叫ぼうと結局事実には変わりがないわけですね。

なら泣くのをやめよう、ならそれを受け入れて生きていこうとまあ決めたのですね。すると泣いたり悩んだりする時間は激減します。するとそれに使う時間だけではなくそれに使うエネルギーも違うしそれによって生じるストレスは心と身体の両方に影響しますから大変な変化を起こします。

これが難しいのが、大丈夫だというふりをするとそれはかえってストレスになります。怒りを内側に抱えているのに平気なふりをするとストレスが生じますよね。

だからふりではなく、この負の感情の手放しをするのです。バイバイと手を振ってもう帰ってこないでね、と永遠の別れをします。

これがスムーズに行くようになるには自分の中に負の連鎖を起こさせる負を少なくするのが鍵です。

負の感情が元々あると、それは多分負の経験からくる負の推測が生じます。平たく言えば痛い目にあったら楽観したらまたあんな風に痛い目にあうかもしれないという事ですね。

すると痛い目にあった時のために予防線を張るようになります。すると悪い事が起こる事を想定するようになります。そうすると悪い事は起こりやすくなるのですね。

先日、子供にも話しましたが負の感情が生じるのは自然です。でもそれを抱き続けることには何のメリットもありません。そうして気分が良くなることはないのです。

なら早めに手放すことです。そうすれば良いことや良いものが周りに見えやすくなるはずです。また傷つくかもとかきっとうまくいかないと思う事が少なくなってくるはずです。

負を少なくするには催眠療法が有効です。ぜひお試しください。

素晴らしい1日を!!