私の覚醒体験

こんにちは!

エミッグ美津と申します。公認催眠療法士でありMSW (Master of Social Work) をミシガン大学より修得しました。

私はセラピストとして訓練を受けたのですが普通の意識のレベルでするセラピーのセラピストのキャリアをだいぶ前に諦めていました。理由はひとえにセラピーの効果に満足できなかったからです。

とても失望してフィールドを後にする事になりましたが自分の信じていない事をし続ける意志はありませんでした。

 

催眠療法に出会ったのは私が高所恐怖症だったのにシンガポールに移り住みビルの28階に住む事になった時の事です。

シンガポールに移り住んだ理由は養子にした子供たちのアメリカのビザに問題がありニューヨークからシンガポールに移り住んだのです。子供たちは私の妹の実子で2005年の妹の死後に引き取ったのです。

私にとっては実の甥と姪を養子にし一家揃ってシンガポールに移住したのは私の実子の双子が18ヶ月の時でした。

 

全く何の知識もなく催眠療法を受けたのですが私はその結果に大変驚きそして感嘆しました。

そして今度は以前セラピーで取り組んだ私自身の感情の問題に取り組む事にしました。以前は意識の中でのセラピーでしたので解決することができなかったのです。

 

簡単に言うとこの出来事がきっかけで私は公認催眠療法士になりました。そして私が人生を変えたように他の人たちの人生を変える事を手伝う事にしたのです。

私は実は8年間も無職でしたが日本で出版するまでになっていたのです!出版した本は成功の法則ー幸せになるには(文芸社)です!

この本の英語版は今編集中であり近々アメリカで出版される予定でもあります!

 

そして私はこの人生を変えるプロセスにおいて20キロほどの減量にも成功していました。この減量はただ体重が減ったと言うだけでなく違う人になったと言われる感じです。

過去にはニューヨークのラジオ局数局の生のショーにも何度も出演しています。

こんな風に人生を変えたので誰でも私のように人生を変えられると信じています。今は毎日ベストを尽くして催眠療法や本やまたはウェッブサイトなどで色々な事をお話ししています。

 

この話は著作本、成功の法則ー幸せになるには(文芸社)にも書いたのですが私には実は女神との不思議な出会いがありました。私の記憶ではそれは2014年の10月14日だと記憶しています。

それは私の催眠療法のセッションで起こった事なのですが私の人生において覚醒をもたらす出来事でした。

私の潜在意識の中でとても悲しく絶望した女性が洞穴の中で女神に姿を変えたのでした。それは生まれて初めての経験でした。

そのシーンは本当に衝撃的でした。女性の身体から出た光はビームのように、まるで映画マトリックスのようなシーンでありそこから現れた彼女は女神なのでした。

彼女の目は例の半眼で仏教の仏像の目でした。それは悟りを開いた事を意味するのです。

 

彼女の事を忘れられなかった私にはあの顔を忘れてはいけないと言う強い思いがありました。”女神”、”仏教”と言うようなキーワードを使ってネットで彼女の顔を探し始めました。

そしてついにアマゾンの仏像のコーナーにてその顔を見つけたのです。その仏像はまさしく彼女の顔でした。そしてその仏像には”グリーンターラ”と書いてあったのです。

その当時、アマゾンにオーダーして製品が外国から届くのは稀だったのですが彼女は数日後に突然インドから届きました。そして彼女は今も私のベッドルームにいるのです。

それは全ての始まりでした。実はスピリチュアルなところがなかった私にはとても稀有な体験ばかりでした。催眠療法を始めたのもそれが科学に基づいていると信じたからだったのです。

ご存知の通り私たちは普段の状態、それを意識と言いますがその状態では脳の5%程度しか使っていません。しかしながら潜在意識(催眠状態)では95%までを使えるようになるのです。そして脳の活動スピードは意識の時の100万倍となります。

 

それから同じような数字やゾロ目やまたは名前などを何度も見るようになりました。そして前にも増して患者さんたちのエネルギーを察知できるようになったのです。患者さんが意識の中で認識していないようなエネルギーや感情も拾えるようになりました。

ついには患者さんの潜在意識の中にある映像なども見えるようになりそれはそれは不思議な体験でした。例えばセッションにてある特定の女性が私に見えるようになり患者さんに説明したりしました。もちろん許可を取ってです。

そして患者さんはその女性を15年間時々目にすると言う事が判明したりしました。目を凝らして見るとその女性には白い大きな羽根があるのが見えるのです。

患者さんと私はその女性が患者さんのガーティアンエンジェルである事で意見の一致をみました。

 

またある時にはセッションでとてもおどけた感じの神様を見ました。そしてその神様がその患者さんの担当の神様である事で患者さんとの意見の一致を見るのです。

ある時は30代の男性の患者さんが見えた時にとても怯えている野球帽をかぶった男の子を見ました。

患者さんに許可を取りそのビジュアルを告げると患者さんはその男の子と自身の関係やその裏話を告げるのです。

 

たくさんのストーリーがセッションでは飛び出します。到底信じられないような過去生の記憶も全く稀ではありません。患者さんがご自分でおっしゃる場合もあるし、私が許可を取って患者さんに告げることもあります。

複数の人たちが宇宙を見たり光であった事を告げたり愛を光として表現したりそれは偶然ではないと感じます。

そしてその光とのコミュニケーションやストーリーも知る事となるのです。

私はこの能力が何であれそれを使って世の中の人たちの役に立ちたいと思っています。そしてこの能力はあの女神の体験から強くなるばかりなのです。

 

素晴らしい1日を!