こんにちは!

さて、夏も真っ盛りのニューヨークシティ。私は仕事の合間に例のマディソンスクエア公園で日光浴したり先週はビーチにも行ってきました。

ストレス発散、自己管理の話にも書きましたが本当に自己メンテは全てと言っても過言ではないくらい重要です。

自分がきちんとしてストレスを溜めないようにしたり広い心で人に接せられる状態にあることこそ最も大切で、それが最後には自分には跳ね返ってくることを肝に命じるべきですね。

幸せになりたい、幸せに日々を過ごしたいと思うならまず自分をきちんとすることです。それは精神的にも肉体的にもですね。

というか精神も肉体もつながっています。昔ならストレスでガンになったと言ったら笑われたと思いますが今は誰も笑う人はいません。

ストレスがガンの原因の一つであることは周知のことなのです。ガンだけではありません。他の病気もですね。

先日、初めての胃カメラを経験しました。その際には施設の方々に本当に良くしていただきました。ありがとうございました。

いつもは具合はどうですかとかどうしたの、大丈夫ですか。そんなことは私が他の人にする質問なのにその日は私が主役。至れり尽くせりでした。たまには良いなあと思ったものです。

処置の後ベッドにいると隣からの会話が聞こえてきました。処置の前にされる質問なのですが飲んでいる薬の列挙なのです。

まずは線維筋痛症(せんいきんつうしょう)英語でFibromyalgiaと言いますがそれの薬。それからこううつ剤。血圧の薬。列挙は続いていました。

まず線維筋痛症というのは先日レイディーガガが患者であることを公表したことで知られています。マイグレイン、日本語で偏頭痛というのでしょうか。それもそうですが大変な痛みなのですよね。救急車で運ばれるような痛みです。

でも実は医学的にはっきりとした理由は分かっていないと聞きました。

私の患者さんにもいらっしゃいましたが酷い痛みがあるのに医学的な根拠には乏しい場合。肩や腰や膝の痛み。医学的根拠がある場合にも実は痛みの強さは精神的なものにとても関係あるのです。

いつも痛いとそれが何であれ自分はもう逃れられないとかまたきっと苦しみは続くのだ、とかどうして私にこんなことが、などの負の感情がもちろん生まれます。

痛みだけではないです。落ち込みの状態。いつもこのパターンで落ち込むってあるはずです。そうするとまたパターンにはまった。自分はまたうつ状態になるのだ、と思えばそれが状況を悪化させたりします。

それが痛みなら痛みをもっと激しく耐え難いものにしたりするのです。マイグレインや線維筋痛症もだから精神的な事に関係あると思う人が多いのもうなづけます。

ストレスの元になるものを人生に持たない。正解だと思います。でも驚くべきことにストレスは自分で持つこと。そしてそれを増大させることを自分でしていたりするのです。

とてもシンプルです。この世にいる。それは変わりません。この世に送られてきた限り辞職というのはありません。もちろん全くないというわけではありませんが、ほとんどの場合はこの世をやめるっていうのはないですよね。

想像してください。それが仕事でもそうです。辞職しない限りそこにいるのですよね。そうすると一番良いことはもちろん素晴らしい環境であると言うことです。

でも世の中に完璧などはありません。だから文句が出ます。その場合。改善が可能なことは改善するべきだと思います。

でもこの世の改善、それはまた大きなプロジェクトですよね。そしてその改善がすぐに起こるかどうかも分からないのです。

ならどうするか。現状維持の中でできる最善のこと。もちろん良いところを見るそして好きになる。これが楽しく生きるコツですよね。

この世にいるならこの世を好きになることなのですね。すごくシンプルです。

でもこの世を呪ったり憎んだりそんな理由があったりして上手くいかないとします。その理由は取り除くべきです。

それはあなたの中の負があなたの利益にならないからなのです。

もし負を消去して世の中を少しでも好きになることができればその方があなたのためになるのです。この世を好きになったからといって誰にも損はなくあなたの利益になることばかりです。

我慢は禁物です。我慢はストレスなのです。我慢をして笑顔を作る。嫌いな人にも反論しない。内側の負を隠して楽しそうに過ごす。これはストレスになり限界があります。

我慢をしないで自分に嘘をつかないで世の中を好きになる。もちろんそれが簡単なことだとは思いません。

でもそれが自分にできる最善のそして最もポジティブで幸せな生き方であると言わねばなりません。

あなたも負を解消しませんか。催眠療法ならきっとこの世を好きになれます。

素晴らしい1日を!!