こんにちは!

実は私はもともと全然スピリチュアルな事を信じない人でした。催眠療法士になったのもまったくこの催眠療法というものが科学に基づいていたからです。

どういう風にと言うとまずインナーチャイルドの問題。これはまったくの心理学ですよね。日頃イライラする事、なんでもないような事なのにもう気になってしょうがないとかまたは何気ない一言にどうしようもないくらい落ち込んでします。

それらはもちろん今現在起きたその出来事が問題なわけではありません。その出来事はただの引き金でしかありません。

例えば生後何ヶ月かの時に一人で夕暮れまで置き去りにされてもう自分はこのまま一人で死んでしまうかも知れないと思った瞬間があるとそれが心に焼き付いてしまうと言う例も実際にあるのです。

えー生後何ヶ月かの記憶なんてない、と思うでしょう?それがあるのですよ。これも科学です。記憶というのは全部脳に入っているそうですよ。

でもそれを引き出してくる事が出来ないのはそれは実はこれも科学です。普段の「意識」と呼ばれる状態では実は私たちは脳みそのほんの5%ほどしか使っていません。

それが潜在意識という状態に入ると、実はこれは催眠状態とほぼ同じ状態なのですが、すると脳の95%までを使えるようになります。

なので催眠下ではたくさんの記憶、それも本人さえも覚えている事を自覚していないような記憶も出てくる事になります。

だから例えば胎児の時にお腹を蹴られて死ぬかと思ったような記憶も戻ってきたりしてそれが自分の奥底に眠っている死への恐怖につながっていた事を知る事になります。

そんな場合はこの方は何となくビクビクしながら生きていたりちょっとの事で動揺したりパニック発作や強迫観念症だったりします。

そんな症状の大元の理由となる出来事に行き着く事が出来るのはやっぱり催眠療法ならではなのですよね。

それだけではありません。理由に行き着いてもいわゆる価値観の書き換え、潜在意識の書き換えを出来るのはやっぱり潜在意識、すなわち催眠下において私たちの脳が素晴らしい状態にあるからに他なりません。

問題を解決するには理由を知る事、そしてその理由に基づいて治療をする事。この両方が出来る催眠療法だからこそ今まで解決できなかった問題も解決できるのですよね。

患者さんの中にはあらゆるセラピーを試した方が多くいらっしゃいます。頭蓋骨に穴を開けるような危険なものやLSDなどの薬物を使ったものなど、でもやっぱり心の問題を解決できなかったのですよね。

そして最終的に私のところに来た、という方々がやっぱり多いです。最後の砦という感じですね。そんな折に効果を実感していただくと本当にこの仕事をしていて良かったと思います。

そんな事なのでスピリチュアルな事は本当に信じていなかった私ですがこの仕事をしていて本当に信じざるを得ない状況になりました。

私に備わっているこの能力なのですが患者さんの潜在意識の中にある情報や映像などが見えると言うこと。

それは本当に自分の中では科学だけでは説明しきれないものです。でも本当にできる事は受け入れるしかないのですよね。

そしてこんなのは嫌だからキャンセルしたいとかもできませんし。エネルギーを読む事はまだ科学で説明できるのですよね。

エネルギーというのは私たちの中にある40兆個の細胞の一つ一つが震えていてその震えが集まって身体から放っている波動の事なのですよね。

それが波動ならばミクロのレベルで私たちが感知する事はおかしくありませんから。患者さんが感じているエネルギー、それは患者さんの見た目とはまったく違う場合もあります。

40兆個の細胞の震えであればそれが感情に関係ないわけがありませんから患者さんが本当に感じている感情と表面に出ているものでは違う事が当たり前と言えば当たり前かも知れません。

そして患者さん自体もそんな気持ちを心の奥底に持っている事を「意識」の中では知らない場合も間々あります。

映像の事も脳の潜在能力を考えればそんなに不思議ではないかも知れません。脳ができる事は実はあまり分かっていませんからね。

そんな事は出来るはずがないと育てられれば出来ないと思い込んでしまうのは当然だとも思います。

私の場合もきっとずっと以前から出来たのだと思います。でも出来るわけがない、人の頭の中にある映像が見えるはずはないと思い込んでいたためにきっとそれが出来る事に気がつかなかったのだと思います。

自分の中に眠っていて気がついていない才能、これを潜在能力と言うのですよね。

さて、そんな事もありながら最近思う事は本当に宇宙との関係が密になってきたと言う事です。

自分が必要な事やもの、人やチャンス、それが絶妙のタイミングで巡って来たりします。お金が必要な時にはお金が入ってきて必要な人は会えるようになっていると言う感じ。

これを具現化と言いますがその具現化を信じるかどうか試される事もしばしばです。ギリギリまでチャンスが巡って来なかったり、絶体絶命の状態になったりとあらゆるテストがあったりします。

患者さんの中にも例えば自分の弱点や例えば自分が乗り越えなければいけない状況が絶妙のタイミングでやってくるとか。

アル中の方であればアル中の友だちが出来たり、これでもかと言う具合に新しく出会う人たちが自分と同じ問題を抱えていたり。

それでも自分は自分の真実を保っていかれるかどうか宇宙は試してきたりします。自分を信じているかどうかを試されるためにとても辛い試練を送ってきたりもしますね。

さて最近の私のチャレンジなのですが。実はものを忘れたりしないたちなのに財布を丸ごとレストランに置き忘れたのです。

信じられない事にそれを翌日の夕方まで気がつかなかったのですね。それも宇宙の配慮だと思うのですが早く気がつくと大騒ぎするでしょう。

なのできっと早く気がつかせなかったのだと思います。財布がないと外出先で気がついたのですが家に置き忘れたのだと思っていたのです。

家に帰ってもなかったのでこの時は流石にパニックに近くなりました。そうすると最後に財布を見た時の事を思い出したのです。

そしてその前の晩のインド料理のレストランだった事にすぐに気がつきました。そして初めて飛び込みで入った店だったのにも関わらずそのレストランの名前をはっきりと覚えていたのです。

すぐにネットで検索して電話し、財布を。。と言うと、何と向こうはああ、私ですと言うのです。昨日の夜会ったと言うのですね。

私が行った時に居たウエイターが出たのです。で、財布を預かってます、と言うのです。急いで取りに行くとオーナーが出てきてつたない英語で現金も全部入ってますから、トイレに置き忘れてました。

自分がトイレに行ったから良いものの他の人なら取られてました、気をつけてくださいと言うのです。

現金も全て手付かずでお礼を述べると自分は神とつながっているからと言うのですね。トイレに財布を持って行ったのは覚えていてしっかりと忘れてはいけないと思った事も覚えているのです。

まさか忘れたとは本当に前代未聞。生まれて初めてかも知れません。本当に感動して帰りました。あれこれ探さずにすぐに見つかったのも奇跡的ですね。

それだけではありません。実は次の日の朝にジムに行ったのですね。買い物をして帰ったのでいつもならウーバーで帰るところなのですがなぜか電車で帰りたいのですね。

なので電車を乗り継いで買い物袋を下げて帰る事に。ジムの最寄りの駅に行ったのは久しぶりでそして電車に乗り込んでふと電車のホームを見ると何だか知った顔が。

それが何と例のインド料理のレストランのオーナーだったのです。目を疑いましたが間違いありません。遠かったので声はかけられませんでしたが偶然とは思えませんよね。

翌日の事でありまたレストランの最寄駅でもありませんでした。神とつながっていると言ったこの男性、きっと私ともつながりがあるに違いありません。

不思議な事はたくさん起こるのですね。まさしく宇宙と会話している気分です。自分がどんなにラッキーかのリマインダーかも知れませんね。

そして多分この男性とは過去生か何かでつながっているのかも知れません。過去生など信じていなかったのですがこの仕事で過去生にさかのぼる患者さんが多いので信じる事になった次第です。

私自体も自分の過去生のような映像を催眠下で見た事もなんどもありますからやっぱり信じるしかないのですよね。

今度はどんなメッセージを宇宙が送ってくるか楽しみですね。

素晴らしい1日を!!