こんにちは!

さて、私のところに来る患者さんやまたは周りの人たちを見ていてもコントロール(管理)をすればするほど。というかしようとすればするほどストレスが増していくのは顕著な例です。

心理学的にもコントロール、もちろん管理ですから、これにはこうなってほしいとかこうでなくてはいけないとかこれしか受け付けないとか、そんな事も当然入っています。

このコントロールや管理する気持ちが多ければ多いほどストレスが増し、不幸になると言わざるを得ません。

ものすごく大雑把だったりあきらめが良い意味で早かったり、柔軟性に富んでいる人たちというのはストレスが溜まりにくいのは当たり前です。それゆえにストレスが少なく楽天的でもあります。

そしてこの管理やコントロールですが。こうでなくてはいけないという基準がまた自分で決めたものではなく社会規範や社会標準だったりするのです。

工場で作る製品並みに規範から外れているとそれだけで失敗作となります。またそれは本人が本人に課すものだけでなく自分のパートナーや友達でさえこうするのが正しいとかこうしてくれないから大切に思ってないとかそんな話になります。

私たちは私たちの幸せをつかもうとして実は自分でそれから自分を遠ざけているのだと本当に思うのです。自分で決めた基準できちんと自分で自分は幸せであると言える方が少ないのは本当に残念に思う事ですね。

率直に言えば自分が幸せかどうか世間の価値観や基準によって決めているのですからそれはとても難しい事だと思います。

他人というのは何かしらの理由であなたにそんなのは幸せでないですよ、と言ったりします。するとそうだ、自分は幸せではないんだ、となるのですね。

このパターンでいくと毎日のようにあなたの幸せはあなたの目の前から消えてしまう事は想像に易い事です。

自分がどんなに世間と違う道を歩いていてもそれでも幸せをかみしめられる、そんな自分になれたらきっと毎日はもっと楽しくなるに違いありません。

しかしながらトレンド的には私たちの価値観はこの幸せの法則、人が何と言おうと自分自身が幸せと決めてしまうと言う黄金の法則から離れていっています。

地球規模で情報が溢れていて何が幸せであるか毎日どうするべきなのか、果ては何をどう感じるべきなのかの指示が下されていたりするのです。

あまりにも例や基準が溢れているので私たちは自分が欲しいと思う成功を全て手に入れれば幸せになれると信じているのです。

そしてごく少数の人たちがその成功を手に入れるのですがその時に彼らは自分が欲しいものを全部手に入れても幸せではないと気がつき、それを公言したりします。

それでも大多数の私たちはまだ手に入れてない側にいますから手に入れれば幸せになると信じているのですね。

そうするとそのゴール。すなわち自分の欲しい成功に到達するまでは下積みであり不幸であると言うことになります。

皆が生活が楽になったり極楽気分を味わう事を夢に見て毎日を不満足な顔をして暮らすこととなります。

周りを見回しても自分がどんなに恵まれているかラッキーか語る人はいません。そんな人たちは億万長者になってテレビで自分のサクセスストーリーを語っている人たちだけです。

それでもサクセスストーリーを語れる人たちはまだ幸運な人たちです。と言うのも多くの成功者たちが結局はその成功を満喫することなくこの世を去ったり多くの成功者たちも一般人の私たちと同じように問題を起こして逮捕されたり中毒になったりしているのです。

この成功者たちは自分の夢を叶えた本当に幸運な人たちのはずなのに結局は私たちと同じように問題を抱えているのは揺るぎのない事実ではないでしょうか。

私は今はっきりと言います。今この瞬間幸せでない、と思う人はきっとこの先何が手に入っても幸せになる事はありません。

これってショッキングな物言いですが本当の事です。どうしても結婚したかった男性と結婚しても何年か経ち隣を見ればどうしてこんな人と結婚したんだろうと思うのですね。

欲しかったものを手に入れてもそれはどんどん色あせていきます。そして次から次へと手に入れるものを探しそして手に入れるのですね。幸せになるために。

その繰り返しの末にある日自分の人生の終わりが来るのではないでしょうか。。。

最初にこうでなくてはいけないと思えば思うほど人生は難しくなると言いました。こうでなくてはいけないとは理想や成功の事です。

すなわち今の自分ではない自分や人やものを手に入れる事が幸せのもとだと思っているからです。

では今の自分はどうでしょう。この考え方だと今の自分は未完成品でありそして発展途上であり未熟なのです。そして今の自分の立ち位置は成功から遠いところにあるのです。

こうでなくてはいけないと決めたところで自分の今の立ち位置は不十分であると決めているのですからそれは当然です。

でも努力する事や頑張り続ける事、成功を目指す事が良いと教えられて生きてきました。

でもその考え方では、成功と言うのは今の自分ではありません。間違いなくサクセスストーリーとはどん底から立ち上がって上り詰めた人の話なのです。

今の自分はダメである、不十分であると言うところからの出発が世間の常識であると言わざるを得ません。その証拠に今の自分に満足している人たちには本当に出会う事がありません。

でも実は幸せとは自己尊厳であり自己評価の高さです。自分は幸運であると信じることでもあります。それはひとえに自分を愛していて今の立ち位置を愛しているからです。

今の自分の立ち位置を嫌ったり今の自分に不満足だったり愛していない人に自分が幸運だと思う事は無理です。

幸運な人間だと信じるからこそ今の立ち位置を愛せるのです。すなわちどんな立場だろうとこれは幸運であると決めるのは自分なのです。

それでも、ないものを補ったりないものに着目したり悪いところを治すのが良いことであると言うのは社会の常識です。

でも幸せとは実は自分の良いところに着目しそれにフォーカスする事です。そして自分の本質はいつも変わりません。しかしながらこの自分の才能を生かせる機会を見つけることです。

そして当然ながら世間と違っている事があればあるほどその人の才能はまれだと言うことになります。だから才能を活かせばこの世のためになる確率も高いと言うことになります。

巷で言うところの「成功」、それをできるように自分を変えたり受け入れられるように自分を見せかけたりする事はこの道から外れることになります。

毎日自分に起こっている事。それはただのチャレンジに見えるかも知れません。辛い事に見えるかも知れません。

そして才能があればあるほど王道から外れていてあなたは幸せではありません、成功できません、と言われる確率も高くなります。

でもそれらは自分がどれだけ自分を信じて生きていけるかそれを問いかけてくる宇宙からのテストなのです。

あなたの才能が花開き世の中のために役に立つまでこのテストは続きます。テストの途中でこんな事はお金にならないから諦めると言う人もたくさんいるでしょう。

それを夢を諦めると呼ぶのかも知れません。

成功とはお金持ちになったり有名になったりすることではなく毎日の生活の中でどれだけ自分の夢や才能を信じていけるかそのテストをどれだけクリアできるかだと思います。

するとその先に自動的にこの3次元の世の中で世間で言うところの「成功」と言うものがやってくるのです。

その「成功」がやってきた時が成功なのではありません。それまでの時間が下積みなわけでもありません。毎日のテストにパスしていく一つ一つの過程が本当の成功であると私は信じます。

今日からは毎日成功、成功の連続であると唱えましょう。きっと素晴らしい気分になります。

素晴らしい1日を!!