こんにちは!

秋が深まると十五夜などと言って月のパワーが増すように思います。満月の夜は犯罪率が上がる、大潮や満ち潮の時に出産が多いなど月のエネルギーが人間の生活に関係がある事はいつも言われています。

大潮は満月や新月の前後に起こるものだそうですね。この秋の月のシーズンに能力が増したり考え方を変えたりと言うようなエネルギーのシフトが起こるのは自然と言えるかも知れません。

9月に入ってから大きなエネルギーのうねりを感じています。一皮むけて大人になるとか今まで悩んでいた事が何でもなくなったとかがあったらそれはエネルギーのシフトに関係があると思います。

患者さんの中にも新しい体験をしたり今までの殻から抜けて一つ上を目指して行く人が多いように思います。素晴らしい事ですね。

新しい体験とは分かりやすく言えばゲームでのワンステージのクリアの後にくる新しいステージのような感じでしょう。

例えば今まで自分を信じて頑張れていた人たちが新しい環境や出来事が起こったために今まで順調に信じられていた自分や自分の能力や可能性などが信じられなくなったりします。

後退したように見えるので心配する患者さんもいますがワンステージをクリアして次のステージにいけばもちろんチャレンジは上がってきますから慣れるまで大変かも知れません。

でも次のステージに行った以上やっぱり前進である事に間違いないのですよね。

具体的な例を挙げますと。今まで順調に自分や自分の未来を信じて前進を重ねていて規則正しい生活をしたり笑顔が多くなったり仕事も順調な時に突如として恋人ができたりします。

私から見れば順調で良くできていたからこそ恋人ができたとなります。満を持して恋人は現れるべくして現れたわけです。

だから一歩下がってみればこれは次のステージに進んだ事であり喜ぶべき事なのですが本人はそう思っていなかったりします。

それは恋人がいなかった時はすっかり影をひそめていた愛に対しての不安や別れに対する恐怖が再現するからです。

乗り越えたように見えた不安感や別れに対する恐怖はこの恋人の出現によって呼び起こされる格好となります。

これによってこの素晴らしい新しい愛の中で、これ以上深入りすると良くないからもう連絡を取るのをやめる、と言う心境になったりするのです。

心理学的に言うとこの状況は過去の別れからの痛手を思い出し2度とあの苦悩や痛みを味わいたくないと言う防衛本能が表舞台に出て来る格好です。

そうです。この心理の裏にはもちろんこの恋愛はうまくいかないと言う予測があります。その予測があるからこそ苦悩や痛みを2度と味わいたくないと言う結論がありそれによってもう会わない方が良いとなるのです。

いつも言うように防衛本能はいつも私たちを痛みや苦悩から守っていますからこうやってしゃしゃり出て来ても全く不思議はありません。

しかしながら一歩下がって考えるとこのうまく行くはずがないと言う考え方こそが負の連鎖の始まりです。

過去の負の経験から来るものですが言い方を変えれば早々にダメだと決めた方がリスクが少ないと言う面もあり前に進むのをやめる理由づけには本当に適当だったりします。

何かをする時、何かをやめる時、いつもその動機がポジティブなものだと素晴らしいですよね。そんな事も先日このコラムに書きました。

心理学的な見解はそんな感じなのですが、もしこの心理学的な作用がなければいつだって新しい恋愛に飛び込んでいけるわけですよね。

この防衛本能さえなければもっとどんどん恋愛出来るとなるのです。防衛本能も本能ですがもっと深い部分で私たちは誰かを求め、パートナーを得て一緒に生きていこうとします。

人間だけでなくたくさんの動物たちも同じ本能を持っていてパートナーを見つけ子孫を増やしていくのです。

動物の事は分かりませんが人間には縁やつながりと呼ばれるものがあって、恋愛においては赤い糸や運命といったような言い方をする人たちもいます。

例えば別れても大好きな人と道で偶然会ってしまう。何度も別れるのにまたどうしても連絡が来ると会ってしまう。

初めて会ったのにそんな気がしない。どうしてもあの人が好きだ、などなど。魔力のようなこの引力は存在すると断言しても過言ではないと思います。

この引力には科学で証明出来ない何かがある事も私たちは知っています。さらに言えば恋をした患者さんを見ると光り輝きまさに虹のようなオーラを放っています。

エネルギーとは私たちの中にある40兆個の細胞の一つ一つの振動(それは命の証明ですが)が集まって私たちの身体から放たれているものです。なので私たちが人からのエネルギー(振動/波動)を感じても全くおかしくありません。

エネルギーリーダーである私的に言えば恋をしている患者さんから出るこのオーラは本当に光を放ってそのエネルギーによって私を感動させ涙ぐむくらいのパワーなのです。

私から見たら恋をした患者さんは間違いなく波動を上げています。恋は人を高波動にするのです。女性なら見た目にも肌はしっとりとして目は潤んだように輝き物腰は柔らかくそれはエレガントです。その美しさは本当に胸を打ちます。

科学的に言えば彼女は恋をした事によってある種のホルモンが身体に充満しそれが彼女を美しく見せていると言う説明となるでしょう。

さて引力です。引き合う力ですよね。何だか分からないけれど惹かれると言うのは私たちの奥底にある何かが私たちに何かのメッセージを送っているように見えます。

奥底のある何か。それは物理的なものではなく想いや刻印、または持って生まれた、決められていた、そんなような感じがします。

フロイド博士が唱えた無意識よりももっと高尚なもののような気がします。心理学で言うところの無意識よりももっと深いレベル。これはエネルギーや魂と言われるものかも知れません。

最近は人間の中にあるエネルギー(魂)の重さがミクロの単位で測れるようになったと聞きました。死の前後でミクロの単位で違う個体の重さがその魂(エネルギー)の存在を証明したと言う話です。

この命(エネルギー/魂)がこの縁の情報を持っているのかも知れません。

患者さんを見ていると自分の深い部分ではこの恋を全うしたいと言う絶対的な意思(それを止めるのは難しいと言うような)パワーがあります。

邪魔をしているのは人間として経験した過去の別れや痛みです。この負の感情が彼らに足踏みをさせ後退させているのです。

言い方を変えれば魂のおもむくままに行動すればこの魂の叫びと人間としての過去の負の経験から来る負の感情の間でこのジレンマに苦しむ事はありません。

この過去の負の経験から来る負の感情は私たちに学びの機会を与え乗り越えるべき課題となります。簡単な言葉でこれをカルマと言うようです。

このカルマを解消し魂(心)のおもむくままに生きる。これがきっと私たちに与えられた命の意味の一つだと思います。

ソウルメイトや縁のある人たちと結ばれることが素晴らしい事なら心(魂)のままに会うべき人に会い結ばれるべき人と結ばれるのが一番です。それに対する障害はこのカルマ(過去の経験から来る負の感情)です。

この負の感情を解消するには催眠療法が一番です。魂の声がとても深いレベルから来るならそれはあなたの潜在意識にあると言えるからです。

潜在意識は心(魂)の声を聞く場所です。潜在意識は催眠のような深いレベルによって初めて使うことが出来ます。

お待ちしています!

素晴らしい1日を!