こんにちは! ロックダウン(隔離状態)も2ヶ月を過ぎたくさんの人たちがこの状況に対しての適応を経験しているのではないでしょうか。

こんな状態の中でリラックスしたいと思う方たち、是非バーチャルスパを経験してみてください。

このバーチャルスパはスパに実際に行かずして行ったような気分になると言うものでとても効果があります。

理由はこのスパの経験が潜在意識の中で行われる事にあります。普段の意識の状態では5%程度しか使っていない私たちの脳。この潜在意識では95%までを使えるようになり脳の活動スピードは意識(普段)の時の100万倍となるのですから。

この潜在意識で経験する事はとてもリアルでそれがリラックスであれば意識の中で経験するリラックスよりもよりリアルで効果の高いものとなります。 是非お試しください! お待ちしております。

新しいウェッブサイトが開通しています。こちらから。日本語と英語でご覧いただけます!

さてニューヨークの裁判所もこの2ヶ月間閉鎖となっています。それこそ脅迫されたり身の危険を感じるような接近禁止令や社会に危険な人物に関するケース以外は全て停止しています。

この訴訟の国で裁判所が全て停止したのです。訴えてやりたい、罰を与えてやりたいと思う人がいても裁判所は動いていません。。 ストレスがたまる状態ですね。

そんな関係で私は個人的にとても興味深い会話をある人と持ちました。ここで皆さんとシェアしたいと思います。

この状態になる前には法廷にて闘争を繰り返していた人たちも今、何もできる事はありません。そうです。どんなにストレスを感じても何も出来る事はないわけです。

何も出来る事がないのならストレスを感じるのは無駄だと言う事になります。どんなに負の感情をつのらせても状況は全く動かないのです。

毎日のように相手に対する憎悪をつのらせる事も可能です。でもそれによって相手が苦しむ事はないでしょう。 あなたの憎しみが相手に反省をさせるとか相手を改心させると思いたい気持ちは分かります。

しかしながらほとんどの場合はそうはなりません。 でも私たちは当然のように誰かを憎んだりします。

そして敵意を持つとそのエネルギーによって相手も防戦モードか戦闘モードになる可能性大です。 敵意を向けられるともちろん相手はやられたくないと思って向かってくるのは当たり前です。

ちょっと嫌いくらいなら相手も無視するかも知れませんが大嫌いとなって敵意を向けてくると相手も黙っていません。 大した事のない相手でも本気になってかかって来られるとそれはそれでややこしくもなります。

今時の話でいけばコロナウイルス撲滅とか言ったらコロナも必死に生き残りをかけてくるでしょう。誰だって滅ぼされたくないですから。

それが証拠にウイルスはかたちや性質を変えて生き残っています。新型コロナですからね。旧型とは違うわけです。そして生き残りをかけて最善を尽くすのが生き物の本質でもあります。

どんなに必死に滅ぼそうとしてもゴキブリもネズミも絶滅したりはしません。どんな生き物も生き残りをかけています。自分の種、DNAを存続させる事が生き物の使命ですから死を避けるようにプログラムされています。

コロナの件でも科学者たちも撲滅はないだろうと言っていますね。憎しみを持って滅ぼそうとすればするほど向こうも生き残りをかけて向かってきます。

もちろんたくさんの方たちが亡くなったり辛い思いをするのは本当に心が痛むのです。だからこそ私たちは私たちを守るために最善を尽くしています。私たちも私たちの生き残りをかけているわけですね。

しかしながらそれは闘争であるべきではないと思うのです。これはある意味で過程であり自然の法則であり共存だと思うのです。 闘いならそれは辛く厳しいもので毎日を安心して過ごす事は不可能となります。闘いに安息はあり得ませんから。

そして憎み抜いたところで状況が良くなるわけでもないですよね。憎んだら状況が好転するのなら憎む価値もあると思うのですがそうではないですよね。

実は憎しみというのは憎まれている人たちを傷つけるものではありません。憎しみという感情を持っている人を傷つけるものなのです。

もちろん憎む事によって気分が良くなる人はいません。そしてそれを長年抱えている事はその人の精神生活と健康に本当にネガティブな影響を与えると言わねばなりません。

そうなると傷つくのは本人だけではありません。周りの愛する人たちも悪い影響を受けます。

まず憎しみはあなたを良い気分にしませんからあなたの機嫌は悪いのが普通です。それによってエネルギー(波動)的にも悪影響を受けるのは周りの人たちです。

もちろんイライラして腹いせに怒鳴ったりするとそれももちろん周りの人たちが傷つくこととなるのです。

例えばトランプ大統領も国民が嫌う事で多少は傷つく事はあるかも知れませんが嫌っている人たちの方が負の感情を抱く事で大統領よりも気分が悪くなるのは必至です。

大統領に再び投票しない、という事は出来るし彼の政権を望まないのであればそれが一番効果的な方法ですが普段から悪感情を抱く事が彼の失脚に効果的に作用するわけではないのです。

もちろん人間ですから好き嫌いはあります。でも嫌だと思い続ける事にメリットはない、と言わねばなりません。 しかも嫌いな事、嫌いな人たちが多ければ多いほどあなたの生活は快適から遠くなっていきます。

という事は大嫌いな人たちや事柄にあなたの精神生活をコントロールされているという事にもなります。 大嫌いな大統領に気分を完全に左右されているようなものなのです。ナンセンスだと思いませんか。

嫌いなものや嫌いな人たちよりも良い事や好きな事、好きな人たちにフォーカスして暮らすべきです。 良い事や好きな事や好きな人たちの事を考えるだけで気分は良くなってくるはずですから。

そして日常の生活の中でポジティブな事にフォーカスして生きる、それを前向き思考と言います。

もちろんです。前向き思考(ポジティブシンキング)とはポジティブな事だけが起こる問題のない人生を生きることではありません。 色々な事が起こる中で良い事(すなわちポジティブな事、好きなものや好きな人)に目を向けて生きる事です。

どうか「だってこんな事が起こっているから無理。。。」と言わないでください。その「こんな事」にフォーカスする事をやめるだけで良いのです。 問題に対処するな、と言っているわけではありません。

問題に最善を持って対処するのはもちろんです。 でも最善を尽くしたらその「こんな事」からフォーカスを外すべきです。なぜなら最善を尽くすより他に出来る事はないはずなのです。

そしてそのフォーカスを外す事が早くできればできるほど毎日の生活のストレスは少なくなるはずです。 冒頭でニューヨークの裁判所は閉まっているから弾劾したい人を弾劾する事は出来ないと言いました。

では裁判所が開いていたらどうでしょう。

それでも出来る事を毎日ただして、最善を尽くしたら他に出来る事は実はありません。ならその大変な問題から少しでも速くフォーカスをそらす事だと思いませんか。

なぜなら裁判でも何でも結果や成り行きをコントロールする事は出来ないのです。この世の中のほとんどの事がそうです。こうしようと思ってその通りになる事は実はまれです。

思い通りにならない人生だから良い人生ではないのでしょうか。そもそも人生とは与えられたものです。

プレゼントですね。そして頂き物にはリクエストは効かないものですし、そしてそれはサプライズプレゼントなのです。

びっくりであってもプレゼントはプレゼントです。せっかくあげたのに喜びもしないとは送り主もさぞかしがっかりするでしょう。

しかしながらもらえただけ良かったと思う事も出来ます。 チャンスは何億分の一だというではないですか。命を、人生を与えられたのは幸運以外の何ものでもないはずです。

人生とはチョコレートの箱のようなもの。中を開けてみるまで何が入っているか分からない、とはフォレスト・ガンプですね。

チョコを口に入れるとあまり好きなフレーバーではないかも知れません。でも大好きな味を当てる事もあるでしょう。

自分は幸運である。そう信じていると変化球が飛んできてびっくりしたけどきっと最後はハッピーエンドと思えるはずです。

このチャレンジをもらえて良かった、とも思うはずなのです。チャレンジを与えられたには理由があるはずです。そのチャレンジによって学びきっと良い展開になるから与えられたのです。

こんな考え方を前向き思考と言います。さらに人生におけるコントロールを手放し人生おまかせ状態になる事をSurrender(お手上げまたは降参)と言います。

そしてそれが幸せな生き方です。人生にコントロールがないのであればコントロールをしようとするべきではありません。 すれば思い通りにいかない時にがっかりしたり人や運命を憎む方向に行くでしょう。

でもそれが学びの経験であると信じるなら運命や人を憎む必要はありません。

裁判の事でストレスをつのらせていた方との会話はこんな感じでした。最後には憎しみは自分や自分の愛する人たちを傷つけるだけだ、と理解して考え方を変えられたようです。

本当に良かったと思いました。そして驚いたのは私の事を人生の勝者だと言ってくれた事です。私はただ彼女に憎しみやストレスを手放して欲しかっただけです。

そしてそれは彼女のためなのです。

勝者とはもちろん俗にいう勝ち組の話ではありません。勝ち組は目に見える物質世界の充実の話ですから。

この勝者とは目に見えるものではありません。精神世界で勝利を得たもの、つまり幸せな生き方の話です。

私を勝者と呼ぶ人はあなただけだ、などと笑って冗談を言いながら電話を切ると本当に良かった、と思った私でした。

電話の前と後では彼女の状況は何も変わっていません。忌々しい裁判も何も動いていないのです。でも考え方を変えただけで心の平和を得る事は本当に可能なわけです。

そしてそれが起こった例なのです。 あなたも考え方を変えるのは今日です。

もしヒーリングが必要ならご連絡をください。

素晴らしい1日を!